*都立戸山高校・1956(昭31)年卒業生の資料 画面右の×印で閉じます。   昭和31年卒のページにはここから   Count = 1005

「2011年3月11日14時46分の東日本大震災」から一年と六ヶ月が過ぎてしまいました。被災された方々の為に、夫々出来ることを、粘り強く続けたいと存じます。

 同期・野口武彦さんは、ご自分の「阪神淡路大震災」の被災経験と重ねて、「安政江戸地震 災害と政治権力」を出版し『安政江戸地震の12年後に幕府が崩壊した。 衆人環視のなかで巨大災害の手当てをキチントやれない国家権力は長続きしない』と記述しました。 

『9月2日追記』
NHK防災番組「釜石の奇跡」を見て、恩師・都立戸山の故柴田治先生を思い出しました。先生は、旧制中学と新制高校の両方に教鞭をとられ、逝去時には多くの新聞が記事にした「府立四中・都立戸山の名物教師」です。

卒業後数年して、先生をお招きしたクラス会で津波の話が出た時に(1983年、当年5月の日本海中部地震・遠足で海岸にいた小学生が落命)。柴田先生は「海岸で地震があったらすぐ避難せよと、小学教科書に書いた時代もあったのだがと珍しく慨嘆されました。常日頃は絶えて新時代の批判などされす、「○○先生は優秀な方なんだよ」と新時代の若い先生を褒めておられた先生でしたが、教科書から消された津波の話は残念だったのだろうと思います。昭和12年から昭和22年の(国定)国語教科書に「稲むらの火」が掲載されていたが、時代の推移で消されたらしい。再び、小学校で津波避難を教える時代がくるとは・・・  なお ウィキペディア「稲むらの火」はこちら。

   『過去の歴史的事実を充分に知って未来に備えることが大切と思います』  を味わいたく思います。

『10月15日追記』
関連情報として、『學士会五月夕食会講演』想定外を生き抜く力 ―大津波から生き抜いた釜石市の子どもたち、その防災教育に学ぶ― 片田 敏孝(群馬大学大学院工学研究科教授、広域首都圏防災研究センター長・豊橋技科大・工博・工・昭58)があります。著書の一例は(→)

平成24年10月の、皇居東御苑を訪ねました。 前回の散策はこちら 
日時:2012年10月11日(木)

  • 写真撮影場所の緯度・経度を計測し、グーグル地図にマーカーを標示してあります。そのマーカーにマウスを乗せると説明が出ます。
1571739925
4480088865

1571739927
4569803199

ハルカのひまわり=>ヒガンバナ
各所のヒガンバナ
モクゲンジ
ハルカのひまわり:9月

「ハルカのひまわり=>ヒガンバナ」

「1995年1月17日、午前5時46分の阪神淡路大震災」から、10周年の追悼式典に、天皇皇后両陛下が神戸市を訪問された際、地震で亡くなった小学生の名前にちなんだ「ハルカのひまわり」の種子が遺族代表の小学生から贈られました。 両陛下はそれをお育てになり、採れた種子が毎年、本丸休憩所東側に播種されています。 10月には、来年に向けて種子の取り入れも終わり、空き地になっていました。
その替わり、赤白のヒガンバナが咲いていました。彼岸花は宿根草なので 毎年勝手にさくのですね。
(画面クリックでスライドショウ) 前月9月の記録はここ

戻るページトップ   地図に戻る

ヒガンバナ

「同心番所・諏訪の茶屋のヒガンバナ」
同心番所や諏訪の茶屋や白鳥堀わきなど各所にヒガンバナがさいていました。しかし、少し盛りを過ぎています。
ヒガンバナについては、同期片山繁朗さんの記事があります。
(画面クリックでスライドショー)
戻るページトップ  地図に戻る

モクゲンジ

「モクゲンジの10月」

前月9月の実が色づいていました。モクゲンジの英名は「golden rain tree(金雨の木)」ですが、夏に多数の黄色の花を円錐状に咲かせます。 種子は硬く古くから数珠をネックレスにされ、江戸時代の俳諧辞書「類船集」(1676年刊)には“道明寺の木患子のこのみとりて数珠とせし也」”とあります、とのこと。 さらに、各地のモクゲンジの実で数珠を作っておられる、同期の小平さんのお話では「昨年と比べて、少々手入れされて地面近くまで垂れていた枝が無くなっていました。」とのこと、さりげなく、細かい手入れをしている東御苑の特徴がわかります。
グーグル検索の画像がいっぱいあります。
(画面クリックでスライドシウ)
戻るページトップ  地図に戻る

                                
Copyright (C) 2006-2012 ,All Rights Reserved