*都立戸山高校・1956(昭31)年卒業生の資料 画面右の×印で閉じます。   昭和31年卒のページにはここから   Count = 523

 「2011年(平成23年)3月11日14時46分の東日本大震災」から6年7ヶ月が過ぎました。

1995年の「阪神淡路大震災」から20年、2016年4月14日には「熊本地震」、2016年10月21日には「鳥取県中部地震」もありました。 「想定外」を想定し(畑村洋太郎氏)、夫々出来ることを、賢く続けたいと存じます。

 同期・野口武彦さんは、「阪神淡路大震災」の被災経験と重ねて、著書『安政江戸地震 災害と政治権力 ⇒』において『安政江戸地震の12年後に幕府が崩壊した。 衆人環視のなかで巨大災害の手当てをキチントやれない国家権力は長続きしない』と記述しました。 

『2012年9月2日追記』
NHK防災番組「釜石の奇跡⇒」を見て、恩師・都立戸山の故柴田治先生を思い出しました。卒業後数年して、先生をお招きしたクラス会で津波の話が出た時に(1983年5月26日の日本海中部地震・遠足で海岸にいた小学生43人中14名が落命。慰霊碑記事こちら)。柴田先生は「海岸で地震があったらすぐ避難せよと、小学教科書に書いた時代もあったのだが」と珍しく慨嘆されました。時代の風潮で教科書から消されたのは残念だったのだろうと思います。昭和12年から昭和22年の(国定)国語教科書に「稲むらの火=1854年11月5日に和歌山県で起きた津波の話、後に『世界津波の日』制定の根拠となった」が掲載されていたが消されたようです。しかし再び、小学校で津波避難を教える時代が来てしまいました。  なお ウィキペディア「稲むらの火」はこちら。

『2016年2月17日追記』
 同期・野口武彦さんは、近著『花の忠臣蔵⇒』で、「忠臣蔵は長らく、われわれのもっとも純な心情ーーー素朴な正義感、不正を許さないという勧善懲悪主義、しなければならないことをやり遂げる責任感、その信念を貫きとおすプライド、艱難辛苦に耐える辛抱心など多くのプラス感情の源泉であった。」としています。

  戦後70年余。先の大戦で集団疎開・大空襲などを体験した世代として『過去の歴史的事実を充分に知って未来に備えることが大切と思います』  の御言葉を味わいたく思います。



平成29年08月の、皇居東御苑を訪ねました。 前回の散策はこちら 
日時:2017年10月25日(水)

  • 写真撮影場所の緯度・経度を計測し、グーグル地図にマーカーを標示してあります。そのマーカーにマウスを乗せると説明が出ます。
4480088865



4406057404


406219869X






「カリン・ウメモドキ」
「果樹古品種・カキ」
「茶の木・サザンカ」
「はるかのひまわり」
「カリン・ウメモドキ」

「カリン・ウメモドキ」
大型の「台風21号」が吹き荒れたために東御苑の植物も被害を受けていました。カリンの実が地上に落ちており、そばでは鳩が地上で餌を探していました。ウメモドキの茂みでは、赤い実を求めて小鳥が飛び回っていました。

戻るページトップ   地図に戻る

「果樹古品種・カキ」

「果樹古品種・カキ」
「果樹古品種園には、在来種のカキが実っていました。
  祇園坊(ぎおんぼう) 広島県原産。恩田・村松(1934)によると、広島県安佐郡祇園村の祇 園坊という寺の住職が発見した品種とされる。菊池(1948)によると、『長 防二州産物名彙』(1737)に記載。また、『本草綱目啓蒙』(小野蘭山,1 803)に白柿(白い粉をふかせる干柿)として有名であることが記載。完 全渋ガキ。やや晩生で、大果。
  四溝(よつみぞ) 静岡県東部原産。菊池(1948)によると、水戸藩郡奉行所編纂の『御 領内産物』(1736)に記載。完全渋ガキ。やや晩生で、果実は小さい。果 形は縦断面が円錐形で4つの縦溝があり、横断面が方形である。果皮色 は赤い。
詳しくはこちら
戻るページトップ  地図に戻る

「茶の木・サザンカ」

「茶の木・サザンカ」

バラの島のそばにある「茶畑」では「茶の花」が咲いていました。 チャノキ(茶の木、学名:Camellia sinensis)は、ツバキ科ツバキ属の常緑樹で、茶の花は10月から11月にかけて、ツバキのような白い花を咲かせます。直径3cmほどの小さな花で少し下向きに咲くため、あまり目立ちませんが、五弁の花と黄色い蕊があります。
サザンカ(山茶花、学名: Camellia sasanqua)も、ツバキ科ツバキ属の常緑広葉樹なのです。
(画面クリックでスライドシウ)
戻るページトップ  地図に戻る

はるかのひまわり

「はるかのひまわり」


「はるかのひまわり」も、今年はおしまいです。播種、双葉、花芽、開花、採種と毎年毎年の絶え間のないお手入れで、種子を献上した児童の期待に応えられ、素晴らしいことと申せましょう。
戻るページトップ  地図に戻る

                                
Copyright (C) 2006-2017 ,All Rights Reserved