*都立戸山高校・1956(昭31)年卒業生の資料 画面右の×印で閉じます。   昭和31年卒のページにはここから Count = 295
『都立戸山高校・昭和31年卒同期会・やあやあ会2018』の準備情報を速報します。

3年C組 野口 武彦さん情報

今年度は平成最後の同期会(やあやあ会)と銘打って、従来お送りしていなかった案内状をお送りしたところ、丁寧なご返信を頂戴したので、返信集作成の前に皆様にご案内します。

出欠

残念ながら、ご出席は頂けませんが、下記の要旨のコメントを頂戴しました。

近況やら所感など。(要旨)

近況
体調などあり、昔日の「雄弁(?)」が影をひそめた!! とのお話。
所感 「野口武彦公式ページ」を公開とのお話。そこに下記があります。
近影;三輪自転車・歩行介助機でリハビリ実施中。
近著:異形の維新史:2018/6/5 草思社
4794223374
   幕末明治不平士族ものがたり:2018/8/3 草思社
4794223463

書評:桃叟だより>から>書窟 参照
  ・・・・佐野真一著『唐牛伝』・・・・より

・・・・野口さま御自身の想い出話・・・・
乱闘といえば、1959年11月27日には、国会の車寄せ――落ちたら大怪我をする高さなのです――の上で、青木昌彦と掴み合いになったこともあります。青木は「警察権力は完全に麻痺している。国会占拠を続ければ革命になる」と目を吊り上げていました。拙老が「 そこまでは付き合えないよ」と言ったのが、取っ組み合いの始まりでした。自分でもいやにクールだと思いました。こういう時に逆上しないタイプだったのです。ヒーローにはなれません。……みな半世紀以上も前の話です。

近詠:桃叟だより>から>口吟 参照

コンガラ譚詩    矜羯羅童子(こんがらどうじ)
  コンガラは素性知られず明王の脇に澄まして立つてゐるなり

桃のエロス連作
  李(すもも)こそ桃のうちにはあらざらめまこと素腿は腿のうちなり
  桃山に花も紅葉もなかりけり腿の奥こそ桃源の里
=====================================
野口さんのお心遣いに、あつくお礼申し上げ、ご報告致します。担当