*都立戸山高校・1956(昭31)年卒業生の資料 画面右の×印で閉じます。   昭和31年卒のページにはここから Count = 47
『都立戸山高等学校・昭和31年卒業関係者』の情報です。

3H尾崎さんの情報により『戸山の表紙ギャラリー』にデータを追加しました。

お名前:宮澤俊義 (みやざわ としよし)1917(大正6)年卒業
ご著書:憲法入門
記 事:東京(帝国)大学に永く奉職し、昭和20年の敗戦前・敗戦後の両方にわたって活動した。
著作多数であるが、「憲法入門」を収録した。
令和の次代になって、現在の憲法改定が話題となっており、その際に宮澤氏の学説が引用されている。敗戦後の現在の憲法について占領軍との折衝にあたったと言われる。
2019年7月のウィキペディアにては、四中卒業の言及は無い、平成19年の同窓生名簿には記述あります。