*都立戸山高校・1956(昭31)年卒業生の資料 画面右の×印で閉じます。   昭和31年卒のページにはここから Count = 40
都立戸山高等学校・昭和31年卒関係者の記録『過去の歴史的事実を充分に知って未来に備えることが大切・・・』は我々のホームページのコンセプトの一つです

級友各位が所蔵する写真・資料・文書などを共有出来たらと思います。

その1  柴田治先生のご退任挨拶。「ガンマ(γ)が、オメガ(Ω)の時計を貰った」と洒落?のお話。
 
その2  昭和36(1961)年正月のH組クラス会、会費380円/当時の大卒初任給は15000円程度、当今の5000円程度か?
柴田治先生ご出席・一浪組の大部分が就職先を報告したはず

H組の尾崎さんのご提供です。

「柴田治先生」

「柴田先生ご退任」
昭和36年の3月末に、柴田治先生は64歳にて、都立戸山校を退職され(在任36年)、武蔵工大付属高校に奉職さた挨拶状です。因みに、その後84歳まで、高校生の大学受験の指導に尽力されました。


(画面クリックで拡大します)
「クラス会案内」

「高校卒業5年めのクラス会」
場所は、早稲田の「金城庵」。出席者が逐一就職先を柴田先生に報告し、激励されたような記憶があります。残念ながら幹事不明。

(画面クリックで拡大します)

「将来追加の資料予定」