*都立戸山高校・1956(昭31)年卒業生の資料 画面右の×印で閉じます。   昭和31年卒のページにはここから   Count = 693

「2011年3月11日14時46分の東日本大震災」から3年と10ヶ月が過ぎてしまいました。被災された方々の為に、夫々出来ることを、粘り強く続けたいと存じます。

 同期・野口武彦さんは、「阪神淡路大震災」の被災経験と重ねて、著書『安政江戸地震 災害と政治権力 →』において『安政江戸地震の12年後に幕府が崩壊した。 衆人環視のなかで巨大災害の手当てをキチントやれない国家権力は長続きしない』と記述しました。 

『2014年7月16日追記』
 2015年のNHK大河ドラマ『花燃ゆ』は、幕末の兵学者・吉田松陰関係の物語とのこと。野口武彦さんは、著書『江戸の兵学思想』で、『兵学は戦争の思想ではない。 江戸時代の儒学は、平和を「常」と考え、戦争を「変」と考える。それに対して兵学は、 世界はいつも相争う諸勢力の動態としてとらえ、治世はその均衡状態に他ならないと考える。 《平和とは、異なった手段による戦争の延長なり》 拙著に今日の社会にも通じるメッセージが生き残っていたら幸いである。』と記述しています。

『2012年9月2日追記』
NHK防災番組「釜石の奇跡」を見て、恩師・都立戸山の故柴田治先生を思い出しました。先生は、旧制中学と新制高校の両方に教鞭をとられ、逝去時には多くの新聞が記事にした「府立四中・都立戸山の名物教師」です。卒業後数年して、先生をお招きしたクラス会で津波の話が出た時に(1983年5月26日の日本海中部地震・遠足で海岸にいた小学生43人中14名が落命。慰霊碑記事こちら)。柴田先生は「海岸で地震があったらすぐ避難せよと、小学教科書に書いた時代もあったのだが」と珍しく慨嘆されました。常日頃は絶えて新時代の批判などされす、「○○先生は優秀な方なんだよ」と新時代の若い先生を褒めておられた先生でしたが、教科書から消された津波の話は残念だったのだろうと思います。昭和12年から昭和22年の(国定)国語教科書に「稲むらの火」が掲載されていたが、時代の推移で消されたらしい。再び、小学校で津波避難を教える時代が来ました。  なお ウィキペディア「稲むらの火」はこちら。

  先の大戦で、集団疎開・大空襲などを実体験した世代として『過去の歴史的事実を充分に知って未来に備えることが大切と思います』  の言葉を味わいたく思います。

『2012年11月15日追記』
日本語で言う「説明責任」と「アカウンタビリティ」     大学の同期で、卒業後、カリフォルニア工科大学で博士号、そして米国国籍を取得してNASAで人工衛星姿勢制御プロジェクトで業績を挙げた大竹 博博士の、今回の原発事故について「政府事故調と国会事故調の報告書を熟読された感想」を入手した。『欧米ではシステム内の責任の概念を、Responsibility (直接責任)とAccountability (最終責任)に区別して使っております。』とのこと。

『2013年3月23日追記』
都立戸山高校で、畑村洋太郎氏の『昭和38年卒業50周年記念講演会・福島原発事故調査・検証を終えて』が行われました。
  講演の中で、 『電源喪失した暗黒の原発内で自分たちの自動車のバッテリーを担いでき て計器を読み取るなど、自己に付託 された 使命を考え、主体的・能動的に行動した素晴しい人々の御蔭で今がある』とか 『事故発生直後に、オフサイトセンターから放射線量増を理由にセ ンター員が 避難したが、実はセンターの放射線防護の予算は3年前から確保されており総務 省は毎年注意喚起していたと言う不作為があった』とか 『9.11米国の同時多 発テロのあとで、米国から非常用発電機とコンプレッサー準備の必要性が機密保 持のため口頭で助言されたが上部に伝達しない 傲慢があった』など、『各人に 付託された責任』を問ぅ等が言及されました。

『2013年8月26日追記』
元東京電力福島第1原発所長、故吉田昌郎さんが死去され、お別れ会が8月23日に行われました。謹んでお悔やみ申し上げます。

『2014年9月15日追記』
ドキュメンタリー作家の門田隆将氏が「死の淵を見た男」を発表しました。
故吉田昌郎所長以下の、原発事故対応について、詳述しています。朝日新聞記事との相違が話題となりました。


平成26年12月の、皇居東御苑を訪ねました。 前回の散策はこちら 
日時:2014年12月17日(水)

  • 写真撮影場所の緯度・経度を計測し、グーグル地図にマーカーを標示してあります。そのマーカーにマウスを乗せると説明が出ます。
4480088865



4122034213


4062182971


4569808352

「梅林坂のウメ」
「果樹古品種園」
「ハルカのひまわり」
「梅林坂のウメ」

「梅林坂のウメ」
例年のように、1月の寒さの中で梅林坂のウメがそろそろ咲き出していました。東御苑の草木図鑑によれば「高さ10mになる落葉高木。中国原産。古く日本に伝えられ多くの園芸品種がある」とのこと。
(画面クリックでスライドショウ) 

戻るページトップ   地図に戻る

果樹古品種園

「果樹古品種園」

食用の植物は,より美味なものやより生産性の高いものが栽培されるようになると,古い品種はすたれてしまい,一般には見ることができなくなってしまいます。江戸城の跡である皇居東御苑に江戸時代の品種である果樹を植えれば,訪れる人々にとっても興味深いことではないかとのお考えを受けて,このたび,皇居東御苑本丸地区に,果樹古品種を植栽した果樹園を整備することとしました。
(画面クリックでスライドシウ)
戻るページトップ  地図に戻る

ハルカのひまわり

「ハルカのひまわり」


「ハルカのひまわり」は、栽培を終わっていました。ヒマワリの例年の栽培に、見えない努力に敬服です。
(画面クリックでスライドッショウ)

戻るページトップ  地図に戻る

                                
Copyright (C) 2006-2014 ,All Rights Reserved