*都立戸山高校・1956(昭31)年卒業生の資料 画面右の×印で閉じます。   昭和31年卒のページにはここから   Count = 411

 「2011年(平成23年)3月11日14時46分の東日本大震災」から7年が過ぎました。

1995年の「阪神淡路大震災」から20年、2016年4月14日には「熊本地震」、2016年10月21日には「鳥取県中部地震」もありました。 「想定外」を想定し(畑村洋太郎氏)、夫々出来ることを、賢く続けたいと存じます。

 同期・野口武彦さんは、「阪神淡路大震災」の被災経験と重ねて、著書『安政江戸地震 災害と政治権力 ⇒』において『安政江戸地震の12年後に幕府が崩壊した。 衆人環視のなかで巨大災害の手当てをキチントやれない国家権力は長続きしない』と記述しました。 

『2012年9月2日追記』
NHK防災番組「釜石の奇跡⇒」を見て、恩師・都立戸山の故柴田治先生を思い出しました。卒業後数年して、先生をお招きしたクラス会で津波の話が出た時に(1983年5月26日の日本海中部地震・遠足で海岸にいた小学生43人中14名が落命。慰霊碑記事こちら)。柴田先生は「海岸で地震があったらすぐ避難せよと、小学教科書に書いた時代もあったのだが」と珍しく慨嘆されました。時代の風潮で教科書から消されたのは残念だったのだろうと思います。昭和12年から昭和22年の(国定)国語教科書に「稲むらの火=1854年11月5日に和歌山県で起きた津波の話、後に『世界津波の日』制定の根拠となった」が掲載されていたが消されたようです。しかし再び、小学校で津波避難を教える時代が来てしまいました。  なお ウィキペディア「稲むらの火」はこちら。

『2016年2月17日追記』
 同期・野口武彦さんは、近著『花の忠臣蔵⇒』で、「忠臣蔵は長らく、われわれのもっとも純な心情ーーー素朴な正義感、不正を許さないという勧善懲悪主義、しなければならないことをやり遂げる責任感、その信念を貫きとおすプライド、艱難辛苦に耐える辛抱心など多くのプラス感情の源泉であった。」としています。

『2018年3月15日追記』
 同期・野口武彦さんは、近著『元禄六花撰⇒』で、「元禄の末期は地震に襲われ、宝永と改元され、将軍綱吉が没します。メディア、バブル経済、セックスとカネ……。この時代の諸相と現代とには、おそろしいくらいの共通性が読み取れます。本書は元禄の諸記録に分け入り、まさに終わろうとする平成と時空を往還しながら、いまなお日本人の心性の根底にあるものをあぶり出します。」としています。

  戦後70年余。先の大戦で集団疎開・大空襲などを体験した世代として『過去の歴史的事実を充分に知って未来に備えることが大切と思います』  の御言葉を味わいたく思います。



平成30年03月の、皇居東御苑を訪ねました。 前回の散策はこちら 
日時:2018年03月15日(木)

  • 写真撮影場所の緯度・経度を計測し、グーグル地図にマーカーを標示してあります。そのマーカーにマウスを乗せると説明が出ます。
4480088865

4406057404

406219869X

4062208407



「トサミズキ・ヒュウガミズキなど」
「果樹古品種園」
「バラの島・開花まえ」
「はるかのひまわり・展望台」
「トサミズキ・ヒュウガミズキなど」

「トサミズキ・ヒュウガミズキなど」
黄色い花の、トサミズキ・ヒュウガミズキが咲いていました。春に葉の成長に先駆けて花を開く種類で、東北弁の『マンズ咲く=マンサク』科の一族です。山野に自生する野生品種で庭木として利用されているようです。

戻るページトップ   地図に戻る

「果樹古品種園」

「果樹古品種園」
もも=桃の花の季節で「ヨネモモ=米桃」「マンザエモン=万左衛門」の花が咲いていました。米桃(よねもも)江戸時代から鹿児島県で栽培されていたとされるモモで,幕末から明治初頭に、米国に渡り、ニホンスモモ品種改良の素材としても用いられ、Satsuma,Yonemomo等の品種名で登場する。果実は50g前後とやや小さく、果面は紫黒色で緑色の果点があり、果肉は濃赤色、8月上旬に成熟する。万左衛門(まんざえもん)米桃と同様に鹿児島県の古い品種とされ、「郁李」の別名を持つ。「万左衛門」の果実特性は「米桃」とよく似ており、紫黒色の皮、濃赤色の果肉で8月上旬に熟し、果実は50g前後と小さい。
「果樹古品種園」について詳しくはこちら
戻るページトップ  地図に戻る

「バラの島・開花まえ」

「バラの島・開花まえ」

「バラの島・開花まち」

バラの島では、「お手植え」の「フロレンス・ナイチンゲール」をはじめとして、枝の剪定が終り、開花の準備が出来ていました。
お手植えについて詳しくはこちら
(画面クリックでスライドシウ)
戻るページトップ  地図に戻る

はるかのひまわり

「はるかのひまわり・展望台」


「はるかのひまわり」は、来年に備えて「緑肥」の種子が蒔かれ双葉が育っていました。緑肥の整備。ひまわりの播種、双葉、花芽、開花、採種と毎年毎年の絶え間のないお手入れで、種子を献上した児童の期待に応えられ、素晴らしいことと申せましょう。すぐ傍にある「展望台」から二の丸雑木林の紅葉がビル街を背景に観察できます。
戻るページトップ  地図に戻る

                                
Copyright (C) 2006-2018 ,All Rights Reserved