*都立戸山高校・1956(昭31)年卒業生の資料 画面右の×印で閉じます。   昭和31年卒のページにはここから Count = 426
昭和31年卒3年H組(担任 柴田治先生)の柴田先生追悼記投稿報告会情報を発信します。

 3年H組「柴田先生追悼記投稿報告会」 

日  時:令和3(2021)年11月19日 日(金)
時  刻:12:00~14:00  (11時開場)
会  場:新宿中村屋8階:レストラン・グランナ(半個室)
会  費:3500円
会合の主旨
 戸山高校同窓会である「城北会」の「城北会千葉支部会誌」に、尾崎・高橋が、柴田先生の追悼記を投稿した。底本として,昭和31年卒業H組編の『柴田先生-生涯・語録・思い出 』を使用したので、事後ではあるが関係者にご報告した。
出席 :小澤、永野、比田、尾崎、高橋(棟)
消息 :飯塚・木村(裕)・村上(保)・村上(章)・広瀬・山本・君川夫人(ご著書と散歩の件)・藤村夫人(一月にご逝去とのこと) 

掲載した「千葉城北会誌」はここから読めます。

      
      
      
      
      
      
      
      


「高校生の迷いを祓う『頑固悪魔』 柴田 治先生の『学習指導』と『生活指導』」の内容は、以下のとおりです。      
その1 日経・朝日・読売の三紙の同時訃報
     逝去に際し、日経・朝日・読売の三紙が訃報を掲載したこと。      
その2 城北会の本棚に保管されている追悼冊子2冊 
     昭和26卒と昭和31卒の二編がある。    
その3 都立戸山高等学校昭和31年卒業H組とは 
     柴田治先生が担任をした最後のクラス    
その4 柴田治先生の授業について、専門家は 
     特徴は『学習指導』と『生活指導』にある     
その5 柴田治先生のユニークな学習指導について  
     「天才クン」も「お客さま」も労を惜しまず    
その6 柴田治先生のユニークな生活指導について  
     「食事」・「睡眠」・「散歩」など    
その7 柴田治先生について、奥様:春子さまより  
     関東大震災・東京大空襲の当事者    
その8 「講演テープ」の語録紹介 
     戸山退職後20年間にわたり講演を続けられた。     
その9 柴田先生の在職年数など 
     藤村・平久保・武藤・平瀬・高木先生の方が長期在職で有り、
     単に『永きをもってよしとする』ではない。     


当日集会前に、下谷2-18-7のお寺「随徳寺」の柴田先生の墓前に、献花し焼香しました。
     









    過去の記録

2006 柴田先生・二十三回忌の墓参+四谷クラブ
2007 四谷クラブ
2008 四谷クラブ
2009 四谷クラブ
2010 小石川後楽園 函徳亭内 美都屋
2011 ルヴェ ソン ヴェール駒場(東日本大震災、2011年度内開催)
2012 数寄屋橋「ニュー東京」
2013 八重洲口「居酒屋一ノ倉」
2014 新橋「新橋亭」
2015 柴田先生没後三十年の3Hクラス会、今後は「近況報告なし、集合写真なし、返信集なし」のランチ会へ
2016 3Hランチ会
2017 3Hランチ会
2018 3Hランチ会
2019 3Hランチ会