都立戸山高校・1956(昭31)年卒業生のページ

校舎
HOMEABOUT USSITE MAPCHANGE LOG Count = 3307
前説+新旧校舎写真
・資料蒐集について
・校章の柏と記念樹
・校歌の話+mp3
・学園歌の話+mp3
・ラジアン池伝説
・当時の写真と教科書
50周年記念事業
・卒業50年やあやあ会
・卒業50年誌
・記念CDの完成記録
・CDの一部公開
・CDに追加の資料
・エコファンド第1号
・・戸山ビオトープ
出版、公開資料
・追悼文集2編
・先生方のご資料
・2006年の記録
・2007年の記録
・2008年の記録

御世話になった先生の書かれた資料

武藤徹先生の「歴史と伝統の上に築かれた、戸山高校の民主教育と課題」

武藤徹先生は、1947年から1986年まで戸山高校に数学担任として在職されました。先生列伝によると、先生は、ペスタロッチ・フローベル・ナトルプなどの教育論に影響されたとのことです。我々の時代には若手の先生として、「数学班」を指導され、先進的な活動をされました。

一方、戸山高校生の学力についても分析され、昭和27年からの受験競争の激化、昭和31年からの言語能力の減退・未成熟を要因とする基礎学力の低下が目立ち始めたと昭和54(1979)年の「高校教育十三号」に書いておられ、戸山高校37年卒業生のホームページにあります。(リンク

PDF化した論文もあります。

伊原公男先生のアメフットへの貢献と「ご遺稿」

伊原公男先生は、保健体育のご担当として1950年〜1988年まで戸山高校に在職されました。我々の時代には、こわもての生徒指導教諭の印象でしたが後に、クラブ活動としてのタッチフット部・アメリカンフット部(グリーンホーネト)の顧問や高体連としての活動もされ、アメリカンフットボール協会より、功労者として表彰されておられます。(1995年1 月3日ライスボールに於いて表彰)

一方、先生は、われわれ31年卒より十歳年長で、十七歳の時に、猛烈な受験勉強して飛行予科練習生(予科練)に合格され、様々の経験をされた記録が戸山高校アメリカンフットボール部のホームページに掲載されています。(リンク
次へ

                                  

Copyright (C) 2006 戸山高卒50周年記念誌編集委員会 ,All Rights Reserved 
てんこもりブログ
緑